No image

ローンをまとめる融資

複数社から借り入れをした際には、それらの借り入れを『まとめる』ローンなどを用いることができるかもしれません。

例えば、特定の消費者金融から借り入れをして、その返済が滞ってしまったのでまた別の消費者金融から借り入れをした…それを繰り返して、4社や5社などから請求が来てしまうようになった…そのような状況に陥ったときに、それらの返済をまとめる、一本に返済を絞ることによって、返済が楽になる可能性があります。

通常それらの返済に関しては私達が利用出来る範囲で行うべきですがそのような状況に陥ってどうして良いか分からなくなってしまうことがありますので、まとめるローンを利用するのも良いかもしれません。ただし、確実にそれで複数社の借金を返済しないと、なおさら大変な状況になってしまう可能性がありますので、これに関しても十分考えてから利用するようにするべきであると言えます。

お金に関するトラブルは日常的に起こりえます。そういったトラブルは避けることが出来ないこともありますので、大切なのはそういったときの対処法を知っておくことです。キャッシングはそのための一つの手段となります。この便利なサービスを賢く利用するようにしましょう。

参考資料〔キャッシング・消費者金融は新生銀行グループの【ノーローン】公式サイト
複数社からのキャッシングを一つにまとめるサービスがある消費者金融です。

No image

信用情報と事故

消費者金融等からの融資における審査に関して、『信用情報』が重要であるという点を取りあげましたが、信用情報に傷が付いてしまう原因としてあげられるのが、『返済を怠ること』です。
これは、キャッシングやローンなどの返済に関しても当然ですが、クレジットカードの支払い、携帯電話の割賦契約の支払い等に関しても当てはまります。それらの支払いにおいて遅延が発生してしまった場合、信用情報に傷が付いてしまうことが多くあります。

少しだけなら大丈夫だろう、と思っていたり、今回だけ遅れても何も影響は無い、と思っていると、知らないところで自分の信用情報に傷を付けてしまっていることが多くあるのです。その点は誰もが認める点であり、実際にそういった返済を怠ることを繰り返していると、いわゆる『ブラック』状態になり、どのような融資も受けられない、マイホームローンや携帯電話の割賦契約なども行えない状態になることがあります。

そういった状態になってしまうと不便きわまりなく、もちろん返済も継続して行わなければなりませんから、そういった状態にならないように、借りる前に返済に関しては必ず計画を立ててから契約するように、心掛けるべきであると言えます。

No image

審査と信用情報

融資を行う際には、必ずと言って良いほど審査が必要となります。その審査は、借りる側が返済することを信用できる人かどうか、という点を判断するものであり、形式的に行われるものです。

まずその際に重要となるのが、その人の年収です。仕事によって、アルバイト、パートか、正社員かによって給料は異なります。年収が多ければ多いほど、返済するのにも余裕がありますので、審査には通りやすくなります。

銀行系のキャッシングサービスにおいては、一定以上の年収が利用の条件として制定されていることが多くあり、消費者金融におけるキャッシングサービスでは、アルバイトやパートの人など、短時間労働の人でも融資が行いやすくなっている、という特徴があります。ただし、それらの条件に当てはまっているので必ず審査に通るというわけでもなく、条件を満たしていなくても融資が行える場合があります。

そこで重要になるもう一つの点が、『信用情報』です。これはとある機関に個人情報として登録されるものであり、そこには過去の融資履歴や返済履歴などが残っています。
今までに返済を怠ったことがある場合、『事故情報』として登録され、信用度が下がってしまいますので、キャッシングサービス等の審査に通らないことがあります。

No image

キャッシングと審査

誰もが用いることのできるサービスのうち、お金に関するサービスは特に多くの人が用いるサービスと言えます。そういったサービスは私達にとっては欠かせないサービスであり、生活の基盤を支えているもの、とも言えます。
そう考えれば、銀行口座やオンラインバンキングなどのサービスも、それに含まれる、と言えます。もちろん、私達自身はそういったサービスを利用する際には用心しなければならないことが多くあります。

例えば、キャッシングなどの『融資』を行う際です。お金を借りると言うことは、勿論返さなければならないと言うことです。友人や家族から借りることとは異なり、消費者金融などから融資するサービスには、必ず、『利子』というものが、一定の割合で付与されます。
銀行系の融資に比べて、消費者金融における利子の割合は高めに設定されており、いわゆる『カードローン』などがそれに当たります。借りることが簡単な分、利子も高い場合が多いのです。

『借りるのが簡単』というのは、融資契約を結ぶ際の『審査』が関係しています。
どんな融資契約を行う際にも、必ずその借りる人が『返済することができる人かどうか』という審査を行います。と言っても、本来は過去に何らかの事故を起こしていない場合、また、過去に返済していない分の借金が無い場合、審査は認められることが多い、と言えます。
これに関して、銀行系の融資よりも、消費者金融の融資における審査の方が、厳しくないと言えます。