審査と信用情報

融資を行う際には、必ずと言って良いほど審査が必要となります。その審査は、借りる側が返済することを信用できる人かどうか、という点を判断するものであり、形式的に行われるものです。

まずその際に重要となるのが、その人の年収です。仕事によって、アルバイト、パートか、正社員かによって給料は異なります。年収が多ければ多いほど、返済するのにも余裕がありますので、審査には通りやすくなります。

銀行系のキャッシングサービスにおいては、一定以上の年収が利用の条件として制定されていることが多くあり、消費者金融におけるキャッシングサービスでは、アルバイトやパートの人など、短時間労働の人でも融資が行いやすくなっている、という特徴があります。ただし、それらの条件に当てはまっているので必ず審査に通るというわけでもなく、条件を満たしていなくても融資が行える場合があります。

そこで重要になるもう一つの点が、『信用情報』です。これはとある機関に個人情報として登録されるものであり、そこには過去の融資履歴や返済履歴などが残っています。
今までに返済を怠ったことがある場合、『事故情報』として登録され、信用度が下がってしまいますので、キャッシングサービス等の審査に通らないことがあります。